アンケートQ&A (4頁)

30.12.9 講演会アンケート(回答)(4ページ)

(11)【ご質問】 娘(大学生)が、主人の障害を受け入れられず、完全無視です。主人と娘に気を遣う毎日です。娘が受け入れてくれる日がくるのか心配です。

【平山さんの回答】 ご主人の状態が良くわかりませんが、高次脳機能障害ということ、記憶障害ある、集中力が持続しない等 一般的な状態であることを想定してお答え致します。

① まずご本人様が、自分の今の状態を受け入れる努力を自覚できるよう促してほしい

② 同様に、娘さんにも「どんな障害」か、わかるように説明してあげるか、解りやすい文献を読んでいただく。大学生ですので理解して頂けると思います。

③ リハビリの仕方や、暮らしの中でのリハビリを工夫し取り組んでいることを理解していただく。
例)まんてんでは、記憶障害については、ノートを活用し忘れてしまったら、見ながら話をする。日課として家庭内の役割(仕事)を習慣化し身に付けること。知識・計算力・読み書き・物と名称のマッチング・・等、弱いところを補うリハを毎日行う。
集中力の持続性は、30分単位で休憩をとり、再確認しながら集中力を高める。
等、工夫した取り組みを娘さんにも説明し、取り組んでいるご主人の姿を理解していただくことで、改善されたり、苦手な面をカバーする「知恵」を身に付けることが可能だと説明できれば良いかな!

④ 近隣で高次脳機能障害で頑張っている方々の姿を見せてあげるのも良いかと思います。

⑤ ご主人、娘さんとも「受け入れるには」時間がかかると思います。元気だったお父さん、ご本人も受け入れがたい?自分との葛藤で苦しんでいます。娘さんも、変わってしまったお父さんを受け止めきれず悩んでいる。お互い「シンドイ」だよ!ということを理解出来たら素晴らしいと思います。

⑥ 最後に、板挟みで悩んでいる奥さん、一番しんどいですよね。なるようになるさ!きっとわかってくれるさ!と信じて、焦らず粘り強くがんばってほしいと願っています。

いつでも、娘さんと一緒にまんてんの見学きてみてください。様々な利用者さんがいます。また、第三者からの説明の方が時には、娘さんも「素直に」聞くことが出来るかもしれませんので!
以上、回答になったかどうか自信がありませんが、参考にして頂けたら幸いです。